スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣道って面白い

今回は親バカ気味であることを、初めにお断りしておきますm()m

さてこの春、中学校に入学したKK。
このたび剣道部に入りました!
なんでもクラブ紹介で、剣道部が一番カッコよかったそうで。

KKは小学生時代、習い事もスポ少も一切なし。「野球やサッカー、好きだよ」とは言うものの、ママから見たところ、さほど好きってわけでもないみたいで、それよりはゲームゲームゲーム(略)
性格的にも打たれ弱く、お調子者なのでほめられたり機嫌が良かったりすると天高く舞い上がりますが、ちょっとでも機嫌を損ねると「おなかいたーい」みたいな感じで、決して運動神経は悪くないものの、これは体育会は無理そうだとママはひそかに まあパパもママも体育会系じゃないしね~
(ちなみに下の子は我が家で一番打たれ強い性格で、この子なら体育会系でもついていけるだろうと思うのですが、肝心の運動神経がダメダメという うまくいかないもんです)

で、中学に入ったらパソコン部かな~とママはひそかに怯えていたのですが(なぜ怯える)剣道とはいい選択「腕立て100回!」みたいな体育会系ではたぶんないだろうし、もしもまかりまちがえば礼儀作法が身につくかもしれないし

はっ!でもここは会津。会津と言えば会津魂!白虎隊!そういやこないだ「八重の桜」で中野竹子が「銃なんてただの道具。剣にはもののふの魂がなんちゃら」とか言ってなかったっけ?ももももしかして会津の剣道部って、体育会系以上に体育会系な、「ならぬものはならーぬ!」の怒声が飛び交う精神修練の場なんじゃ なんたってKKの中学、体育館の名前がなんだか忘れたけど日新館の鍛錬所だかなんだか、その名前をつけてあるくらいだからな~

とか若干心配していたら、意外にもというか当然というか、まったくそんなことはない、どころか実にゆる~~いクラブであることが、最近続々と判明
ある日帰宅したKKによる「今日クラブで初めてマジメな会話を聞いた」っていうのが、これまた忘れたけど「布団が吹っ飛んだ」レベルのダジャレみたいなやつで、そそそれがマジメな会話なの??いやあそりゃとってもいいクラブに入ったね~KK
さらにある日帰宅したKKいわく「KKうまいってほめられちゃった!」
なんでも先輩たちが口々に「これはもう3年の○○先輩を超えている」「今年の1年はすごい」と、歯を浮かせておだてまくってくれたそうです♪なんてステキなクラブ しかし会津魂はどこへ

実はKKのパパもじーちゃんも剣道経験者。入部前にパパから即席で習ったのがよかったようです。しかし普段「俺は剣道やってたぞ」とかあんま言わないパパなのに(もちろん剣道なんか教えたこともなし)、子供がしっかりやりたがるというのは不思議ですね~

そうそう、「剣道部に入る」っていうんで、この前竹刀買いに剣道屋さん(とは言わないな なんて言うんだろ、ああいう武道の道具を売ってるお店)に行ってみたら。
いや~ほんとに剣道って「これは道具ではないもののふの魂だ」ってな感じなんですね 竹刀の大きさごとに、またまた忘れたけど「白虎」とか「玄武」とかそういった「ジャパネスク!」な名前がついてて。
頭にまく手ぬぐいみたいなのも「文武両道!」とか「なんとかかんとか!」とか、四文字熟語がビシーっと!へ~~カッコいい~←と言いつつ笑ってる
余談ですが手ぬぐいは入部後しばらくして、学校からプレゼントされました。福島県剣道なんちゃら連盟みたいなところから頂いたようですが、これもすごかった!墨痕鮮やかに「狂事徳成」!KKに意味を聞かれてもママわからん! でもなんだか吉田松陰が言いそうですね ん~たぶん「がんばろうぜ~イエーイ」ってことじゃない?(「違う」@松蔭

とりあえず竹刀だけ買ってきて、その後パパと練習してたんですが、帰ってきてぽいっと玄関に投げてあった竹刀を、Uがふんづけて歩いてるのを見たパパ「お前それは武士の魂だぞ!」。わ~パパにもなんか憑依した~~
どうでもいいけどこういう時、パパがUを叱ったら、じゃあママもって感じで「KKもちゃんと片付けなさいって言ったでしょ~」とKKに一言文句つけてしまうのですが、そうするとKKは「なんでママはKKばっかり」ってなっちゃうんですよね~ だって今のは、ふんだUも悪いけど、ふまれるように置いとくKKも悪いんじゃないの?Uもわざとじゃないし、自分の大事なものならさ~。と思っちゃうんですが、そうするとKKいわく「Uばっかりかばってる」になっちゃって、難しいところです 以上「育児って難しい」グチでしたm()m

というわけで今んとこ、KKは剣道楽しんでるようです。
ちなみにKKに聞いたところ、野球もサッカーも人気あるけど、なにげにテニス部が大人気とのこと。
へ~~テニス部って今もすごいのか 「テニスの王子様」とかの影響かな?
ママの頃はTVで「エースをねらえ」をやってた時代なんでいやもう大人気でしたね~。1年生が70人だか入って、だから1年生のうちはほとんど球拾いにマラソンに、って感じなのでどんどん脱落して、その中を残ったのが栄えある2年生みたいな。だから先輩とかも厳しくて有名でね~
一方、KKの剣道部は1年生数人。全部で10何人だそうで。そっそれじゃ試合とかほとんど全員出ちゃうんじゃない? いや~どこまでもゆるいクラブでほんとによかった
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記 - ジャンル : 育児

K-Uの実況

KKはyoutube好きで、ゲームの実況、手品のネタ、海賊版のアニメ、お菓子などの開封等々、よくまあ色々見つけてくるもんだと感心くらい、多種多様な動画を見てます。
最近ではゲームしながら実況して、それを自分で編集して見返しては喜ぶというところまで行ってしまったのですが
なんでもにーちゃんの真似したいUが、それを見逃すはずはなく。
この頃は、ちょっとお菓子を買ってあげた時とか、気がつくとブキミにボソボソつぶやいていて、耳を済ませるとこんなことを↓
「はいっどうも皆さんこんにちはこんばんは。今日はこの○○○を買ってもらいました。え~このシリーズはですね~」
5歳児が開封動画してるう~
「ではさっそく開けてみましょう。・・・んっちょっと開かないですね・・・あっラムネが出てきました。食べてみましょう・・・うん・・・あ、これはグレープ味ですね」
そりゃ「グレープがいい」って選んだんだからな~~
「これはですね、ボク前にイチゴ味を食べたことあるんですが。その時は~(以下延々続く)」
うわあ~5歳児のクセに「ボク」とか「これはですね」とか、口調がシャラくさくて気持ち悪~~

ETVの「アイ・カーリー」という海外ドラマ、我が家お気に入りで毎週見てるんですが、「しかしど~もこの世界がよくわからない」とかねがね思っていたママ、KK&Uが実況にハマりはじめてやっとわかりました。あれはつまり「youtubeの実況」みたいなことをしてたんですね。海外の子供たちにも「動画で実況」って大流行なのかしら?

KKが「youtubeの実況」にハマりはじめたのは、去年あたり、「CO-DAの実況」を知ってからです。
CO-DAさんっていう人が、ホラーやマリオ、ディズニーなどのゲームを実況してる一連のyoutubeがあるんですが(KKの実況は、まんまこの人の口調
実況も面白いけど、この方、なんと各ゲームのテーマ曲も自作して歌ってらして。
それがま~、どれもいい曲!
最初はこれらの歌、KKがハマって、今やPSPにも取り込んでるくらいですが、何度か聞くうちにママもすっかりファンに
基本ラップなんですが、歌詞もいいし曲も気持ちいいし、声が乾いた感じなのも耳に心地よく

2008年実況はじめました
2009年ホラゲはじめました
2010年何をはじめるかな?今からwktkなんだ~イエーイ
(略)
一番クラスで太っちゃっても
一番クラスで小っちゃくても
自分だけの人生を歩むことがハッピーなんだな~イエーイ

(かくれんぼLAP)

こういうお兄さんが子供世界の要所要所にいてくれるなら、親は安心。
第一曲いいし。とりあえず、この人のCD出たら買うな♪と
どれもちょっと切ない感じなのが心に残るんですよね。

心の その痛みも この思いも 全部電波で伝えたいよ
もう辛いと言わせて 楽になりたい
期待通りの未来にはならなかったよ

(LAST CALLING)

しかし切ないといえば、ママが最近KKのyoutubeで知って一番切なかったこの歌↓

力合わせて、戦って、食べられて
でも私たちあなたに従い尽くします

立ち向かってって、黙って、ついてって
でも私たち愛してくれとは言わないよ

(ピクミン愛の歌)

か、か、かわいい声して歌ってることが切なすぎる~(←切なすぎて笑ってしまう)
何なのこの歌!これ子供向けの歌なの!?

と思わずKKに言ったら
「だってピクミンってこのとおりじゃん」
あっこれピクミンの歌なのか!(KKもゲーム持ってます「スマブラX」)
「♪白ピクミンは~」ってホノボノしたピクミンしか知らなかったけど、そうか、そう言われればピクミンってそういう存在か。しかし子供向けのゲームでこんな歌を使うとは。
なんでもこの歌、サラリーマン世代の共感を呼んで、かなりヒットしたそうで。それもなんか二重に悲しい話だわね

そういえば、一時期KK&Uがハマって、ツタヤで全巻制覇した「星のカービィ」も、絵柄はピクミンみたいにかわいいのに、内容は見事に「社会風刺」でびっくりした記憶が(ステッペンウルフとか出てきて、ネタチョイスの渋さにもびっくり)
子供文化は、なかなか奥が深いんですね~~~

テーマ : 育児日記 - ジャンル : 育児

あの病院が!

日曜日、珍しく「眠い」と16時頃お昼寝したU。
起き上がった後も
「あれ~なんか目の前がフラフラする」
と言いながら歩いてたのですが
「あ~ねむいとね~」
と、まったく気にしてなかったママ。Uは
「ねむいのとは違うよ。あれ朝でしょ~。今はなんかぐらんぐらんするってゆ~か~」
と、つたない口調で一生懸命状態を説明していたのですが、そう言いながら
「寝たらおなかすいたからポテトチップス食べていい?油好きにはたまらない
とか、まるで脂ぎった中年オヤジのようなセリフを吐きながら、ふとんからお菓子置き場へ直行してたので、ただねむいだけだろうとママは頑固に信じてたのですが(ちなみにUは5歳児にして自分を「油好き」と自覚してます。ほんとにこってりしたのが好きなのよね~
なんかあったかかったので、念のため熱を測ってみたら、39.4度!ひええ~~こんなに熱あるのに、いつもながらなんでそんなに元気なの~!?

月曜日、相変わらず38度は超えてたので、近くの小児科へ。
前も書きましたが、天井は高く窓は大きくフローリングはピカピカで、おもちゃ絵本ティーサーバー完備、薬もその場で出してもらえて、薬袋や診察券も子供ウケするキャラクターという至れり尽くせり具合なのに、なぜか5分以上待ったことがないという、不思議な小児科です。もちろん予約なんかも不要。昨今の、予約してすら1時間待ちが普通である小児科から見ると、「ワケありか?」と邪推するほど私的には不思議な病院。
実際、この病院から車で5分も行けば「朝6時に並ばないと予約が取れない」という小児科もあるそうです。話を聞いただけで行く気が失せましたが
そうそう以前、KKが熱出した時に、某総合病院の小児科にも行ってみたことがあるんですが。こ~れ~も~えっらく待たされて。
予約ナシ&初診だったせいもあるんでしょうが、わりと古~い感じの病院で気分が暗くなる上に、1時間待っても診察前の体温計すら配られない。待ちきれず「やっぱしやめます」と急遽診察を取り消して(短気なママ)、Uかかりつけのこちらガラガラ小児科に来てみたら、初診なのにやっぱり5分で診てもらえて。
KKはもう大きいので、小児科専門よりも外科や内科が揃ってる病院の方がいいかな?と思って総合病院に行ったのですが、根性ナシは当分こっちのガラ空き小児科にお世話になることにしました

んが、そんなガラ空き病院(←失礼)のはずが、月曜日行ってみたら玄関に靴がずらっ!大人用のスリッパがない!なななんだこれは・・・?
と訝しみつつ中に入ったら、わ~~10組以上が座ってる~~~!!この病院がこんなふうになるなんて~~
こないだインフルA型が猛威を振るっていた時も、その後B型が流行った時も(これは今も流行ってるけど)5分待ちだったのに、なんだこのパンデミック状態は!?

1時間ほど待ってやっと診察。この病院で1時間待つこともあるなんて~~
一応インフル検査もしてもらって、また待つことしばし。
ちなみに注射の時はタガがはずれるUですが、インフル検査はなぜか「ボクはこれ大丈夫」という自信があるようで、全然うるさくなく。助かるわ~
1組前で待ってた人は「B型ですね。今日から1週間幼稚園休んで、土曜日来てください」と宣告されていて
「そうだ。日~月に発症すると、1週間つぶれるんだよな~。水曜以降なら土日を挟むから3日くらいで済むけど」
と、恐れおののきつつ待ってましたが(ママの優雅なティータイムが~)。
結果は「のどかぜ」ということで、拍子抜け。
1日たったらもう下がっていて、今朝無事に登園しました。

そういやKKも小学校に入るまでは、月1くらいで意味不明な熱を出してたっけ。知恵熱ってやつかしらん?

というわけで、「会津に謎の奇病でも流行ってるのか!?」とまで妄想した混雑具合だったけど、結局なんともなかったという、わりとどーでもいいお話なんですが。いや~あの病院がこんなに混むこともあるんだ~と、ただただビックリで(朝6時に並ばなきゃいけない病院は、どんなことになってたんだろう?)。

テーマ : 育児日記 - ジャンル : 育児

ハッピーバレンタイ~ン♪

昨日、もう外が暗くなった頃、ピンポ~ンと玄関のチャイムがなって。

なーんとKKのクラスメイト女子2人が、チョコを届けに来てくれました!キャーーーーーー

「見せて見せて」と、無理やりKKに中身を見せてもらったら、手作り~~
かわゆいのきれいなスプレー散らしてあったり、お花模様の包装紙に包んであったり
も~いじらしいやらうれしいやらで、ママ感激

最初は「あたしは○○町担当ね」「じゃああたしは△△ちゃんと××町回って来る。え~とあそこはKK君と○君と」って、クラス女子による義理チョコ巡回チームでも回ってるんだろうかとか、ママとしては喜びのあまりそんな悲しいことまで思いついたのですが、これはもう本命チョコってやつじゃないですか!?

と、大盛り上がりだったのはママだけで、KKはなぜかムッツリと無表情 1度見せたらもう見せてくんないし。照れてる?ママうるさすぎ??

今頃学校で、どんな顔でお礼言ってんだろうとか思うとニヤニヤしてしまう、KKの初チョコ記念日でした

テーマ : 育児日記 - ジャンル : 育児

インフルキター

私が子供の頃は、インフルエンザ=「罹ったら最後、薬では治らない風邪」って感じで、学校で毎年必ず予防接種2回受けさせられたもんでした(注射を免除されるそばアレルギーの同級生がうらやましくて仕方なかった
ところが今じゃ、悪名高い「タミフル」を初め、吸入だけの「リレンザ」、さらには1回こっきりの吸入でOKな「イナビル」と、まあ世の中進歩したんですね~的な専門薬がゾロゾロと。
それでも一応、子供には毎年予防接種受けさせてたんですけど、泣き喚く子供(=主にU)を病院の廊下ひきずって歩き、「針折れちゃうからね~」と看護婦さん3人体制で押さえつけるという、思い出すだけでドッと疲れるシーンを経由してすら、けっこうインフルエンザに罹って、結局薬で治すことが多くて。
そんなら今年は予防接種受けなくてもいいか~(お金もかかるし)と、初めて注射ナシの冬を迎えたわけですが、ついにというか当然というか、来ましたUにインフルが~~

夜中から既にあったかくて「ハイ明日の幼稚園はお休み決定」と思いながら寝てたんですが、朝起きて体温を測ってみたら37.9度。朝ごはん食べ終わった後は38.5度。病院に行く前は39.4度と、面白いように熱が上がってく~~~(なのに至って平常どおりにおしゃべりしまくってるU。子供って不思議だわ
予防接種を受けてた時は、上がっても38度行くかどうかくらいだったので、やっぱり注射の効能はそれなりにあったのかもですね インフルの型の違いとかもあるのかもしれませんが。

で、朝一くらいで近所の小児科へ。
ここの小児科、ちっちゃいながらも天井高くて明るくピカピカ、絨毯じきのキッズスペースやティーサーバーまであり、しかもお薬をその場で出してくれて、さらにそのお薬袋は子供心をくすぐるウルトラマンe.t.c.と、私的には高ポイント続出なんですが、なぜかお客さん、じゃなくて患者さんが少ないんですよね~~~。
この日もほとんど待ち時間ナシで診察室へ。
「小児科=1時間待ちが常識な昨今、しかもこんなにキレイな病院にも関わらずこのお客さんの少なさは、何か訳があるに違いない!」
と、いつも心のどこかで疑いつつ、このストレスフリーな状態がありがたくて、罹りつけとして毎回お世話になってます

さて診断の結果は
「たぶんインフルだろうと思うけど、発症して12時間経たないと、検査結果が出ないことがあるんだよね~。なのでもう1度夕方に来て。48時間以内に薬のめば大丈夫だから」
へ~~そうなんだ~~ あ、でもそういや去年のUのインフルも
「検査結果は陰性だし熱も低いけど、お兄ちゃんがインフルならもうインフルってことでいんじゃね
的に診断されたんだったな~。
「インフルじゃなくて飲んでも大丈夫だから
ってタミフルもらって。
「随分アバウトだな~。インフルじゃなかったら、無駄に幼稚園休ませた結果ママの優雅なティータイムがなくなる責任をどう取ってくれるんだ
と思ったけど あれはやっぱり本当にインフルだったのかもしれないな~(ずっと疑っててゴメンナサイ村上病院の先生)

夕方、再度病院へ。
ちなみにそれまで元気だったU@39.5度は、午前中病院から帰って以来、再度病院に行くまで、お昼も食べずにコンコンと眠りっぱなしでした。うわ~こんなU、初めて見たよ~~
検査結果はやっぱり香港A型でした。
「お薬飲むのやだな~マズイんだもん」「今は1回吸うだけでいいんだよ。ほらこうしてストローでジュース飲むみたいに」と、お薬を待つ間、2人で吸入の練習していたんですが、練習むなしく頂いたのは「タミフル」の粉薬でした
なんでも10歳以上だか12歳以上だかには現在タミフル禁止令が出ているそうですが、U@5歳児以下くらいだとタミフルで影響はなく、また吸入方式が難しいこともあって、リレンザなどよりタミフルを処方するそうです。

というわけで、早速帰ってきてからお薬を飲み始めたのですが、帰って来た時38.5度、夕飯の時37.9度、寝る前37.5度と、面白いように熱が下がってく~~~
そして次の朝は37.0度。もはや平熱の域だ~~。ママの子供の頃なんて、罹ったら最後1週間は(年寄りの昔語り以下略)

インフルも薬も、面白いように人体をもてあそぶな~すごいな~
と、よくわからない感想で〆てみました

テーマ : 育児日記 - ジャンル : 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。