初イクスピアリ

海賊ショーを見終わったら、急に一杯やりたくなったパパ&ママヨホー
手近なザンビーニで、パパはビール、ママはフローズンカクテルで乾杯です♪
ザンビーニの夏カクテル、レモン味の氷が爽やかで、毎年楽しみ

DSC_1122[1]_convert_20170801131601

ザンビーニ裏にも、ランドのようにクレーンが
おおこれが、ママKKUが首を長くして待っているソアリンか~
ママ的にはソアリン、トイマニ初登場時を上回る凄い状況になるのではという悪寒が、今からしてならないのですが
う~むやっぱしFP取るには、ミラコスタに泊まらなきゃかな~

DSC_1124[1]_convert_20170801131720

さて時刻は16時近く、次のFPを取れる時間。
今日はわりと空いているのか、こんな時間でも、トイマニ・ニモ・センター以外のアトラクは未だ発券中。
その中で、既に取得済のセンターFP&タワテラFP、及び夕飯のPS時間とかぶらない時間で、かつ一番早く乗れるFPは~?
これだ!

DSC_1125[1]_convert_20170801131753

これ乗ったら、閉園時間まであと1時間半。SBであれこれ乗る感じかな? うん、いいんじゃない
おそらく本日最後のFPを無事取って、さて次は何する?
実は今から1時間後、我が家は怒涛のミッションを控えています
すなわち
17時25分~18時25分 センターFP
17時30分~18時30分 タワテラFP
18時20分 カナレットPS
全部かぶってるやんけ~ 無理無理どれか1個諦めないと。
う~ん取った時は大丈夫だと思ったんだけどねえ。 大丈夫だよ、1時間あればアトラク2つは回れるよ走れば。 いや回れるって言ってもそれは、17時25分ぴったりにセンターに入って、すぐ乗れればの話だろ。 その後タワテラに乗ったとしても、カナレットに間に合うよう出てこれるかどうか。 タワテラとカナレットなら近いじゃん。 うーんまあセンターからカナレットよりは近いけど。 まあ最悪、カナレットは捨ててNYデリ。 やだーーーー
……等々の議論の結果「イチかバチかだ!ガンガン行くぜ」の策を採ることに(←要は何も考えず、ひたすら急ぐ

とりあえず、最初のセンターまで何してる?
あと約1時間、けっこうまとまった時間が空いてるな。
じゃあこの2日間探しているKKのスマホケース、あれを探しにパーク外に行ってみる? ほらランドの近くにあるでっかいショップ、あそこならあるかもよ。
ええ~時間ないのに大丈夫? 今16時だから、行って戻ったらちょうどいい感じじゃないか?
無駄足だと困るので念のため、パークからボンボヤージュに電話してみました。
すると(我が家にとってのみ)驚きの新事実が判明!

「こちらで取り扱っている商品は、パークに置いてある品物と同じなので、パークになければこちらにもないかもしれません。
新潟のディズニーストアで見た商品?でしたらイクスピアリのディズニーストアの方にあるかもしれません」

えっ「ボンボヤージュ」ってディズニーストアじゃなかったの!? ていうかディズニーストアって、パーク商品も含めた「ディズニーグッズ全般」を売るお店じゃなかったの~!?
この世に「ディズニーストアの商品」と「パーク商品」の2種類があることを、初めて知った我が家でした
そうかあ、新潟ストア行くたび「なんか品薄だよね。アトラクグッズ全然ないし」「仕方ないよ。田舎の小売店じゃ」とかdisってたのは、とんだ濡れ衣だったのね~ごめんなさいね~~新潟店
さておき、ディズニーストア・イクスピアリ店への行き方も教えてもらい、よしじゃあ行ってみましょう

イクスピアリは我が家お初
いつも聞くだけだった、「JR舞浜駅、イクスピアリ、ディズニーアンバサダーホテルへおいでの方は」のアナウンスに従い、リゾートゲートウェイステーションで初下車。
気分は未知の領域への第一歩です。
ほーここが、へー、とキョロキョロしながら「←イクスピアリ」の表示に沿って歩いていくと、パイレーツオブカリビアン最新作の広告が増えてきて。
気づけばいつの間にかでっかい駅ビルみたいな空間にいる我が家。おおもしやここがイクスピアリ
電話のお姉さんによる道順を思い出し、更に急いでいるのでそこらの人にも聞きながら、ディズニーストア無事到着

DSC_1126[1]_convert_20170801132138

うお~やっぱり新潟のディズニーストアよりでっかいなあ(←当たり前すぎて脱力する感想
商品のありかが一目で把握できる新潟ストアに慣れてると、まずはスマホケースのコーナーを探す旅に出なければならない広さだけで、「さすが本家」と圧倒されます。
幸運なことにスマホケースは、けっこう入口近くにあってホッ
そしてKKのお目当て・アリスのスマホケースも無事発見~
これがまたママ的には、「え」ていうくらい乙女チックで
KKいわく「男がこういうのをあえて持つのが意外性」 そ、そういうもんですか
(最近ではこういう時、「今の若い子はそうなのかもしれないねえ」と、何でもジェネレーションギャップにしてしまう老化現象がめっきり増えたママ

その横ではパパまで「理想のスマホケース」を見つけてしまったらしく
なるほど確かにパパがずっと欲しがってた黒い手帳タイプ、ツートンカラーも洒落ています。ちらりとついてるミッキーシェイプもキャラキャラしていず、ぱっと見ディズニーグッズに見えない&シックなアクセントになってていい感じ
しかしその「理想のケース」、ミニーちゃんの赤いケースとセット販売、バラ売り不可だそうで。
結果、「ママも使わない?」と、タナボタ的にママも買ってもらっちゃいましたイエイ

DSC_1328[1]_convert_20170816221844

ちなみにこの「理想のケース」、台紙をはぎ取ってひっくり返したら、けっこうデカデカとミッキーが描いてあって、軽くショックを受けるパパ
けど、白でさっと描いたデザインなので、むしろそれもオシャレな感じよ♪

一人何も買わなかったUですが、この「物欲の神殿」で我が家の物欲王Uが、「Uも(欲しいものないけど)買うーーー」とならなかったのは、ちょっぴり成長が伺えて、ママうれしい
まあUはこないだ新潟店で、アリスのスマホケースを散々悩んで買わなかったにーちゃん尻目に、ドナルドの財布を衝動買いしたからね、もういいよね 「うん、Uはランドでハンバーガーバッグ買う」あ、それがあったか

さて買うもの買ったら用はない! イクスピアリとはオサラバだ@バルボッサ
時間は16時半過ぎ。 おおちょうどいいね、今から行けば17時過ぎにはセンター到着だ♪
目的を無事果たせた満足感でリゾートゲートウェイステーションへ向かうと、壁にはパークの大きなマップ。
あれ、でもレイジングがないな。 うわアメリカすっかすか あっベイNKだ! ねえストームライダーが飛んでる~
と、ワイワイ間違い探ししながら下を見ると2001年。 シー開業当時の地図でした。
そうか、イクスピアリが前年に開業して、この年ついにシー開業。 同時に各エリアが鉄道で結ばれ、この一帯が堂々「東京ディズニーリゾート」になったのが、この2001年なんだなあ。

DSC_1128[1]_convert_20170815161925

マップはクリックすると大きくなります。
「2001年TDRの旅」、どうぞお楽しみくださいませ♪
スポンサーサイト

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

パイレーツサマー

ハーバーに戻ってくると、辺り一帯は人でごった返し。
夏のショー・パイレーツサマーが、そろそろ始まりそうです。
CMからしてカッコ良さそうで、一度見てみたかったママ。
パイレーツオブカリビアン好きな男衆に訴えて、皆で見ることにしました。
とはいえステージ付近のめぼしいところはもう激混みで、パパ&KKはともかく、ママ&Uには全然見えない&水に濡れたくない男衆なので、ザンビーニ横の階段に座って眺めることに。

DSC_1091[1]_convert_20170731180935

ショーが始まるのを待っていると、背後から海賊たちが次々と現れ。
階段をふらりと歩きながら、立ち止まってキャストさんのフリして交通整理したり、子供を見れば「あたしたちの仲間にならないか~い?」とか声をかけたり
辺りをアトモスのような空間にしながら、ステージに到着し、いつの間にかショーが始まっていました。
派手な音楽と装置でバーンと始まる従来のハーバーショーではなく、お客さんとの距離が近い「小劇場の舞台」みたいな始まり方が、なんだか新鮮。

DSC_1094[1]_convert_20170731181427

が、バルボッサの乗るブラックパール号が音楽に乗って現れると、一気に「ハーバーショーが始まった!」って感じがします。
このブラックパール号、黒い帆をなびかせた黒い船ってのがまた、最高にカッコよくて
やっぱりTDSのショーは水面使ってこそね~♪ そして大音響の音楽と。
ただ唯一残念だったのは、この音楽。せっかくのバルボッサ登場シーン&本編開幕シーンでもあるわけだから、お馴染み「彼こそが海賊」とか、あるいは「カリブの海賊」バルボッサシーンで流れてる「黄金のメダル」とか、とにかく「キターーー」って感じの音楽で、バーンと盛り上げてほしかった

DSC_1100[1]_convert_20170731181500

話の筋は正直、よくわからなかったのですが
ざっくり理解した感じだと、バルボッサ&その手下たちが、「海賊になるための修行=水かけ」を観客に施すという。
だけどこの修行てのが、「右から大波だー!」バシャ~「嵐が来たぞー!」バシャ~てゆう、昔KK&Uとこういうごっこ遊びしたなあ幼稚園の頃という低レベルな修行で
せっかく渋い声のセリフ&カッコいい海賊たちなのに、勿体ない😣
けどまあこのパートは無理やり水かけ祭りにもっていきたいだけだからね、仕方ないね
そのうちジャックも現れて、軽く戦闘が始まったかと思うと、すぐ終わり。
って、あれっ炎、あれでおしまい!? 「海賊」で「映画の主要登場人物たち」で「ハーバーショー」なら、もっとド派手に、特殊効果使いまくりの一大スペクタクルシーンになるかと思ってたのに、戦闘は終わって「宴会だー」だって
ま、まあこのパートは無理やり水かけ祭りにもっていきたいだけだからね、仕方ないね

DSC_1113[1]_convert_20170731181754

文句言いながらも水かけが始まると、座って見てるのがもったいない気分になるママ。
いや~あの船からの砲水がもう、見てるだけでワクワクしてね~
ねえママちょっと行ってきていい? だってさ~せっかく水まいてるんなら、お土産がわりにやっぱ濡れてみ(「早く行ってこい」@男衆)
というわけで、手近なところに紛れ込みます

DSC_1111[1]_convert_20170731181641

でもママが見てたとこは、水はそんなにかからなかったかな~。ホースの水がたまにどしゃっと来るくらい。
特に船からの砲水は、階段からはけっこう遠くまで届いているように見えたんだけど、あれかなり前にいないとダメですね。
そうこうするうちにショーは終盤になり、いつの間にかジャックがブラックパール号に。

DSC_1107[1]_convert_20170731181608

正直、ジャックやバルボッサも、いつ来ていつ去っていったのか、まったくわからなかったのですが
海賊たちも(ということは自動的に観客も)バルボッサからジャックに鞍替えし、また旅に出よう、みたいな展開で船は去りゆき、ショーは終わり。
ミシカみたいに豪華絢爛で、カッコいい海賊たちが繰り広げるド派手でクールな一大ハーバーショーを期待していたママ的には、若干肩透かしでもありましたが
最後、伏線が回収されて火山が噴火するところや、「ポルトパラディーゾとはおさらばだ!」という台詞、「お前たちのキャプテンは誰だ~」「ジャ~ック」等のコール&レスポンスに合わせて打ちあがる砲水、そして何よりも、待ってましたの「彼こそは海賊」が、(やっと)ハーバー中に響き渡ったあたりは、「これよこれが見たかったのよ!」とゾクゾクしました

DSC_1114[1]_convert_20170731181851

「任務を果たした」って感じで、颯爽と去っていく海賊さんたち。
びっしょびしょです

DSC_1121[1]_convert_20170731181929

ちなみに階段で合流した男衆の感想は
パパ「うーーーーーん
U「ジャックって言ってるけど偽物でしょ?
KK「それにしても手のひら返しがひどすぎる
でした

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

シーの奥地あれこれ

カレーを食べ終わったらレイジングです
や~ほんと、アラビアとレイジングは近くていいなあ

DSC_1065[1]_convert_20170731175800

おっやったね先頭だ♫
前列にKK&U、後列にパパ&ママが座って出発です。近年は、センターもスペマンもビッグもロジャーも、みんなこの座り方です
このアトラク、最初はチンタラなので、景色を楽しむ余裕があります。レイジングは屋根がないので、先頭だと眺めもひとしおなんですよね♫
(ちなみに男衆によると、一番前でも視界の悪いビッグサンダーなんかだったら、むしろ後ろであればあるほど遠心力で楽しいそうです)
おっシェラトンが見えた!向こうからも今こっちが見えてるかな?と思った瞬間落ちるーーーギャ~
2回ほど落ちてフワッとなるのが、車酔い体質者は場合によって酔いを誘発されるレイジング。
そのためママもこのアトラクは若干苦手だったのですが、今回すっごく気持ちいい箇所発見!
それは2回落ちたあと。3回目の落ちと見せかけ、一気に急加速して先の見えないカーブに突入!あっこれはもしやアレに向かってるのか!?わーやっぱりそうだキター一回て~~ん
センターもそうですが、この、目指す一点のために速度全開で突っ込んでいくというタイプに、どうにもシビれてしまうママ
(あ、アトラクの話ですよ現実世界でそんな刹那的なのはイヤだなあ
今までは、その前段階で軽く気持ち悪くなってたり、その後の一回転の方しか覚えていなかったりで、このシビレポイントに気付かなかったのですが、今回のライドで思いがけなくレイジングの魅力に開眼しました
ちなみにトリビア王KKによると「TDR最速アトラクションランキング中、レイジングはスペースマウンテンを抑えて第3位」なんだそうです
おおやっぱりあの一回転に突っ込んでく時か。 あそこカッコイイもんなあ
TDRでは絶叫系のわりに地味な印象のアトラクですが、ランドの有名どころを抑えてランクインしているあたり、なかなかの実力保持者だったんですね

DSC_1066[1]_convert_20170731175833

最速ランキング第3位・レイジングのあとは、堂々・第1位のFPを取るべくミステリアスアイランドへ。

DSC_1067[1]_convert_20170731175909

それはもちろん、ザジャーニートゥザセンターオブジアース!
(と無意味に本名で呼んでみる
こっちは図抜けてFPの進みが早いですね~
この夏休み期間中、FP終了こそトイマニやニモの方が早いですが、SB時間はセンターの方が長い時が何度かあってびっくり
「さすがにトイマニ人気も落ち着いてきたから」とか、「一度に入れる人数がニモは多いから」とか、理由は様々でしょうが、センターファンのママとしては「そして何よりも、センターファンが多いから」を推したいところです

DSC_1070[1]_convert_20170731175937

センターのFPを取ったら、再度ロストリバーへ戻り。
Uが絶賛大ハマリ中の、インディです。
KKも昔は散々ハマってたものですが、今は「飽きた」と。まあ「そりゃ飽きるでしょう」ってくらい乗ってましたからね
けど確かにインディって、スリルを煽るアトラクなわりには、揺れやスピードなどで訴えてこないので、慣れるとけっこうつまんなく感じちゃうかもですね。
同じお化け屋敷でも、ホーンテッドみたいに視覚効果で「ほ~」と感心させるタイプだと比較的面白さが持続するんだけど、激しい体感で怖がらせるタイプなのに、その体感がイマイチだと、どうもね。
とはいえ、中身はホーンテッドやスターツアーズ同様、もんのすごく本気で作ってあって、その情熱にはやっぱり、何度乗っても心打たれます。
「飽きた」と言うKKも、このQラインのあれこれは未だ心惹かれるらしく。TDRトリビア王には、雑学の宝庫らしいです
乗り終わった後にまで、こんな文書が提示されているあたり、さすがの芸の細かさですね~

DSC_1074[1]_convert_20170812223555

さてインディに乗り終わったら、タワテラFPを取るまで、やることなし。
なんて時には迷わずカリブ、じゃなくて本家シンドバッドへ
ロストリバーのすぐお隣という利便性も、奥地原住民な我が家にはグーです

DSC_1075[1]_convert_20170812223626

いっつも夏のうだるような暑さにやられて、逃げ込むように乗ってるせいか、今日みたいに涼しさも体力もそこそこある時だと、なんだか「シンドバッドに乗ってる」って気がしませんでした
毎回「助かった~」って感じな雨も、今日は「さっむ」だけで。
ってとことん真夏の救護室としか思ってない感想なわけですが、言い換えれば我が家にとって「この上なくありがたいアトラク」「なくてはならないアトラク」って意味ですと言い訳
さて奥地もそろそろ飽きてきたので、船で文明世界へ行きましょう。

DSC_1077[1]_convert_20170812223650

到着して気づいたけど、文明世界もやることないのよね
昨日から引き続きKKが探してる、スマホケースでも見に行く?

DSC_1084[1]_convert_20170731180518

イタリアのこじんまりした脇道には、なぜか妙にしっくりくるパイレーツ幕のもと、局所的に人がどっさりたむろってました
ママがトイレに行ってる間、偵察しに行ったKK&Uによると、「海賊たちがいた」「カリブのフォトスポットもあった」。
あ、雑誌に載ってた、あの犬が鍵くわえてる名シーンの? わ~写真撮ってくればよかったのに。
と言ったら、「すごい行列になってた」。
へ~。なんだかんだ言っても、人気あるのねカリブって

DSC_1078[1]_convert_20170812223715

KKお目当ての、アリスのスマホケースはここにもなく。
ていうかアリスならたぶんランドの方があるわよね。明日もう1回、ランドで聞いてみたら?
と、にーちゃんがスマホを探している間、UはUで、唐突にミッキーバーガー形のポシェットが欲しくなったと。
うむ~そもそもなぜハンバーガーをポシェットにするのか? そしてなぜUはこんな不思議なものが欲しくなるのか?
「だってランドにはもっと大きなハンバーガーバッグがあったんだよ。でもシーにはなかったから代わりにこれ買う。でもバッグもランドで買う」
答えを聞いてもよくわかんないので、本当にシー土産はこれでいいんだな? 後悔しないな? と念押して買いました
ちなみにお盆休みにはばーちゃん家にぶらさげてったので、今んとこ後悔はしていないようです。う~むなぜハンバーガー

DSC_1085[1]_convert_20170731180555

そうこうしているうちに13時半過ぎ。
やっとタワテラFPを取れる時間です。
無事ミッションクリアしたら、小腹が減ったとのことで、男衆大好物のパイを食べにポートディスカバリーへ。

DSC_1090[1]_convert_20170731180843

このパイです。
多分、近くのマンマ・ビスコッティでも売ってると思うのですが、「ダメ。ポートディスカバリーのあそこで買うからおいしいの」@U
という謎理論その2が返ってきたので、わざわざ電車に乗って買いに行きます

DSC_1089[1]_convert_20170812223818

ちなみにこれが、さっき買ったハンバーガーポシェット。
パスケースにもなっていて、雨模様が続いた今回、濡れてくちゃくちゃになりやすいパスポートやFPなどは、Uが厳重に管理してくれたのはありがたかったですが。
どこがいいんでしょうね?これ
(見てると笑えてくるのがもしかして、「かわいい」分野に入るとか??)

DSC_1088[1]_convert_20170812223743

久しぶりに乗ったこの電車も、リニューアルされていたようで、中がなんだか新しい感じ。
何より冷房が! 冷房が効いてて涼し~~~
確かこの電車、20世紀初頭設定なのをいいことに、冷暖房とかおかまいなしだったような。
昭和人パパ&ママなんかは「そうだよなあ、昔の電車ってこうだったよなあ」と、蒸し暑さのあまり遠い目になったりしたものでしたが、さすが平成も代替りしようかという今日このごろ、ついに全車両冷房完備になりましたか

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

2日目はシー

10時頃、シー入園。
旅行2日目、しかしシーは今年初です
お久しぶりねマリタイムバンド

DSC_1058[1]_convert_20170731175443

パイレーツサマーのタペストリーがカッコイイ
写真ではカッコよさがまるで伝わらないけどカッコイイ~~~
リゾートライナーから見えた時点でもう、「おお~やってる!」とテンション上がりました

DSC_1059[1]_convert_20170731175510

惜しむらくは左側のお店が工事中で、微妙~にそっちが気になってしまい、せっかくの迫力がイマイチ
こちらは、ステラルー(やっと覚えた)を販売しているお店らしく、外にも屋台出してぬいぐるみを売ってました。
ええ~意外とあっさり買えちゃうのね なんかダッフィーみたいなプレミア感があんま無い?

DSC_1082[1]_convert_20170731180445

さあ来ましたよ。これからどこ行く?

我が家の場合、シーの目的はセンター・インディ・レイジング、そして去年から加わったタワテラ。
毎度変わり映えのしないラインナップです
しかしこの時間、そこらへんのアトラクは既にSB1時間前後なので、FPで廻ることにします。
さてどの順番でFP取っていきましょうか? スマホで待ち時間を確認してみると…

レイジングFP:この時間、すぐ取ってすぐ乗れる
インディFP  :この時間、レイジングに次いですぐ取って(若干)すぐ乗れる
センターFP :この時間、FP取ったら次のFP取れるのは2時間後。 そしておそらくお昼を目安に、発券終了する。
タワテラFP :センターと同条件。 ただしFPはおそらく午後まで発券している。

ということで、今回はレイジングFP→インディFP→センターFP、その2時間後にタワテラFPと相成りました。
よしじゃあ最初はロストリバーね。 あ、ちょうど船が5分待ちだ。 あれで行こう

DSC_1060[1]_convert_20170731175603

シーの初日は我が家の場合、朝からSB5分を目指して奥地へ一目散なのが常。
なので、こんなふうに初日の朝から(朝?)のんびりと船旅するのは、なんだか新鮮です♫
イタリアを出航したらいつものように、「ようこそ、ディズニーシートランジットスチーマーラインへ!」と船内に響く聴き馴染んだ声…あれっ声変わった?気のせい??
声もセリフも、特別変わったようには聞こえないのに、耳に覚えているアナウンスとは微妙~に違うので、KK&Uと、「変わった?それとも変わってない?」と言い合ってたら、ポートディスカバリーで判明
そう、「気象コントロールセンター」にまつわる話が全部、「海洋生物研究センター(だっけ?)」に置き換わってたんですね。
そうかあ、ニモ開業と同時に船のアナウンスも録り直したのか。芸が細かいなあ。

船から見た新生ポートディスカバリーは青が基調で、見た目爽やかな、いい感じ
「時間があったら乗ってみる?」と、実物を見ながらKK&Uに聞いてみると、ニモにさほど思い入れがない反面、熱烈なストームライダーファンだったKK&Uは
「ニモは別になあ。なんでストームライダーなくしちゃったんだろうね」「時間があったら乗ってみてもいいよ。でもたぶん時間ないよ」
と、旅行前と変わらない食いつかずっぷり
ママもストームライダーの音楽とデイビスは好きですが、同時にニモもかなり好きなので、個人的には時間があれば乗ってみたいところ。
雑誌とか見た限りでは、ママの希望にわりと近いアトラクみたいだし 加えて音楽に、ママ的TDR音楽ベスト1「ニモエッグ」が使われてたりしたら、もう最高
とはいうものの、このFPのために、他のFPが2時間取れないのは、やっぱりもったいなく感じるしなあ。
ストームライダーみたいに、夜になれば10分待ちってこともないだろうし。やっぱり来年以降かな?
(そしてママの予想では、意外と早くストームライダー状態になる気もするのよね
劇場型大容量アトラクの定め&今ではニモってそれほど人気コンテンツじゃない&ラスボス・ソアリンの登場というトリプルパンチで)

DSC_1063[1]_convert_20170731175629

様変わりしたポートディスカバリーを通過して、船はロストリバーに到着。
まずはレイジングのFPを取ります。
おおさすがレイジング、30分で乗れる=次のFPを取れる時間帯だ、いいぞ
てことはあと30分、微妙な長さの空白時間だな。何しよう?
とKK&U、「おなかすいた!
まったく~、2人ともちゃんとパン食べてこないから
まあレストランも空いてる時間だし、今のうちお昼済ませちゃいましょうか。

DSC_1064[1]_convert_20170731175734

ということでやってきたのは、なぜか毎年一度は入ってしまうカスバフードコート。
たぶん場所がいいんですよね。我が家が入り浸ってるロストリバーとシンドバッドの近くだから
それとやっぱし、カレーの吸引力ね。ママも献立に困るとついカレーにしちゃったりするからなあ(←それがカレー好きな男衆を生むのでは
10時台だと、さすがに空き空きで、パパは甘口・辛口・シーフードの3種のカレー、ママは辛口チキン、KK&Uは甘口チキン。
食べ始めたら次のFPを取れる時間なので、ちょっくらインディでFPゲットしてきて(こんなところが便利な場所
ここは、甘口と辛口でもう全然別モノのカレーなところが面白いです。
そして我が家の男衆の意見では、「甘口の方がうまい
昔のハングリーベアなんかだと、「甘口だと甘すぎて食えたもんじゃない」なカレーが出てきたものですが、同じハウスなのに時代は変わりましたね
確かにここの甘口は、適度な辛さとまろやか~な甘味。 対して辛口は、最初は辛さが濃くておいしいのですが、おなかいっぱいになってくると酸味が優って、とんがった味に感じます。
ごちそうさまでした

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

朝のひととき

2017年7月27日(木)、我が家の夏ディズニー旅行2日目です。
おはようディズニーシー(の裏側) 今日はあなたのところに行くわよ~♫

DSC_1271[1]_convert_20170802201100

と朝の挨拶をしますが、シーはとっくに開園していて、既にレイジングからは「キャー」なんて楽しそうな声まで聞こえてきます。
そうそうレイジングからシェラトンが見えると、落下する合図なのよね って我が家完璧に出遅れてるやないか~い

DSC_1268[1]_convert_20170802200940

我が家の中では比較的な早起きなママ&U。
いつもならUがヒマを持て余し始める頃ですが、さすがお子様御用達オフィシャル。ここには「キッズステーション」という強い味方があり
パパ&KKが起きるまで、Uは部屋でテレビ、ママはオアシスへ洗濯に。

DSC_1043[1]_convert_20170731170642

洗濯のかたわら、ドラッグストアで朝ごはん調達。
このお店は、こういったパンやカップ麺など、比較的日持ちするものが置いてあります。
おにぎりやサンドイッチなど、基本当日限りの食物は、新装開店したザ・ショップにあると思います。
(がこの時は、リニューアルオープン前で利用できず😢)
どうせパンを買うなら、と、ついでにトスティーナでもパン購入。

DSC_1042[1]_convert_20170731170618

この時間はトスティーナも、朝食のための行列ができています。
が、グランカフェほどではないので、朝は軽めでいい方、手早く済ませたい方はこちらもアリかもですね。コーヒーとか種類豊富ですし。
ママみたいなテイクアウト客は、脇から店内に入ってパンを買って帰ります。
ハムチーズクロワッサンとか、チョコクロワッサンとか、おいしそうだけど油分高めなパン多々なのがネックです

DSC_1044[1]_convert_20170731170735

シェラトングランデ名物(?)館内2フロアぶち抜きの滝。
の前に、読めない漢字の看板があったので思わず
隣の看板は「李」さんで、じゃあ人名?海外ツアーの待ち合わせ場所か何か??
パークはもう、当たり前のように外人さんいっぱいで、ベンチの四方から聞こえる外国語にいちいち驚いてた数年前なんて今は昔、てなくらいです。
パークもそうならホテルももちろんで、この看板どおり、ロビーですれ違う家族連れの、体感では半数くらいが外国語しゃべってるし(お国に帰ったらすごい金持ちなんだろうなあと、すれ違いながらいつも思う)、朝廊下で挨拶を交わすハウスキーピングの人たちは、ほぼ100%外人さん。
エレベーターも半分リニューアル工事中で、軽く不便だったのですが、リニューアル済のエレベーターは、アナウンスが英語のみに変更。
会津にいると、昭和とさほど変わらない感覚なので、たまに東京都心部とか、あるいは日光東照宮とか、そしてここ東京ディズニーリゾートとかに来ると、平成日本の「あと3年で東京オリンピックだ!」と浮き足立ってる時代の息吹に触れる思いです。

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行