2017夏ディズニー旅行記・目次

2017年夏の東京ディズニーリゾート家族旅行記・目次です。
2016年のTDR旅行記が簡易版だったので、今回は思う存分書き綴ってしまい、いつにもまして長い旅行記です。
(その割に役立つ情報はほとんどありません
お暇な時にでもお読みいただいて、ほんのちょっとTDRの旅気分を味わっていただけたら幸いです


7/26(水)

 ・8たび!会津若松からディズニーへ

 ・今年はランドから開始

 ・ランドあれこれ

 ・今年のホテルは

 ・ランド再入園

 ・お久しぶりのブルーバイユー

 ・初日終了


7/27(木)

 ・朝のひととき

 ・2日目はシー

 ・シーの奥地あれこれ

 ・パイレーツサマーバトル

 ・初イクスピアリ

 ・怒涛の90分

 ・やっぱりカナレットが好き

 ・2日目終了


7/28(金)

 ・3日目はザンビーニから

 ・ゲットウェット

 ・地球の中心で○○を叫ぶ

 ・ランドでハンバーガー

 ・今宵はクリスタルパレス

 ・新生エレクトリカルパレード

 ・3日目終了


7/29(土)

 ・最終日は混雑日

 ・最終日の廻り方

 ・ランドに移動して

 ・ランド最後は雨の星空

 ・地球の中心へラストジャーニー

 ・4日目終了


以上です。
いつものことながら、最後まで読んでくださった方に、最大の感謝を
スポンサーサイト

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

4日目終了

タワテラのSBも初めてなら、そもそもアトラクに60分も並ぶことが初めてのママKK。
もっともKKは以前から、センターSB80などを見ては「これくらい友達となら並んじゃうよ。だって並んでる間も楽しいもん♪」とか言ってて、長いSB自体には抵抗ないようですが。
しかし今日の相手はママ さぞかし楽しくないんじゃないかな? 旅行とかと違って、ただ立ってるだけの1時間、ママと並んでもつまんないだけなんじゃないかな~~~

DSC_1309[1]_convert_20170802204033

と、実は一人グルグルと心配していたママ。
が、そこは我が家のTDRトリビア王1位&2位のKK&ママ
初めて見る外のSBルートで、横断幕や新聞を訳しあったり、FPの時は通過するだけだった内部のあれこれを逐一発見しあっては、BGSを完成させようと語り合ったりしてると、意外とあっさり時は過ぎ。
「60分って言ってもあっという間だね♪」という言葉をKKから聞けた時は、安心&嬉しかったです
(実際にも40分くらいで済みましたが
もっともこれはKKが気を遣ってくれたおかげも大いにありですが。
加えて、ハイタワーがレイジングあたりをうろちょろしてくれてたのも、かなり大でした
おかげで、レイジング~インディのトリビア~インディ映画の時代背景及びタワテラ時代の日本と、話が明後日の方向までふくらんで、少なくともママはこの待ち時間、とても楽しかったです
こういうあたりも、よく出来たアトラクだなあと。

DSC_1311[1]_convert_20170802204059

やっぱりママはプレショーのシリキが好きかな~
あの、ぎろりぎろりとこっちを見渡してから、歯をむき出してニヤ~~と笑う、あの笑顔が最高にキュートというかなんというか、妙に心に残る笑顔で
KKはプレショーのハイタワーが好きだそうです。「必死に忠告してくれていい人だ」と。
(KKはアナ雪でも、ハンス王子が一番かわいそうだと言う男
巨大像の中にひそむシリキの目とか、どのエレベーターがどんな落ち方かとか、倉庫に入ってからもあれこれ話してるうち、あっと言う間にエレベーター前。
「この調子なら「最後にみんなでインディ」も叶えられるんじゃない!?」と、並んでる間、パパUに「待ってて」ラインを送っておいて。
さあいよいよエレベーターに座ります。ああこの、ずざーっと後ろに下がる一瞬が怖い!
ママの頭の中にはその瞬間、死刑執行台の踏み板の上に移動した図がまざまざと浮かんでます ここの部分の床が抜けて下に落ちるんでしょわかってるんだから と思ったら上に上がったーーー命拾いーーーでもその分落ちる距離が長くなるーーー。わーシーの夜景だ綺麗だな~~でもやっぱしセンターの方が爽快だな~こっちは割れたガラスが邪魔だし視界が四角くてTV見てるみたい。と思った瞬間ぎあああーーーーーーーーーーー
この「ぎあーーーーーーーーーー」の長さは、私的TDRアトラク内トップいやスプラッシュと双璧かな? 落ちてる間中は声出しっぱなしにして、恐怖を紛らわせます。
車やジェットコースターが落ちる時の、フワっという浮遊感で車酔いが発動するママですが、このタワテラでは酔いません。
落ち過ぎてもはや「フワ」じゃなく、「背筋がゾッとする」の「ゾッ」が一気に100個くらい来た感じ、それが車みたいに前後左右に振られることなく、純粋ゾク感だけが落ちてる間持続するのみなので、多分だけど、車酔いする人でも、このアトラクは大丈夫なんじゃないかな~?
ちなみに、「大丈夫ママのカバン重いから」なんてナメくさって、座った時にちゃんとしまっとかないと、落ちてる間隣の席へぶわっと飛んでったりして、怖いやら慌てるやらで無駄に大騒ぎです(←経験談)あ、上がった。ちょっとほっとしたけど上がったってことはまた下がるんでしょやだあああ。
というみんなの思いが「ひょあ~~~」という力の抜けた声になって、真っ暗闇のそこここからひょあ~~上がってく~もういいよ~~うわ来たぎあああーーーーーーーーーーーーーあ?あ--------ーーーーー
あんまり長すぎて、途中あ?まだ?と我に返ってしまうほど2度目の落ちは長いです。この2度目の「ぎあーーーーー」は私の知る限り、確実に、TDR内アトラク最長!
エレベーターによって落ち方が違うとも言われますが、少なくともママKKの場合、覚えてる限り常に2度目が異常です
ここを過ぎると、「あと1回でしょ」と終わりが見えてくるので、怖さも薄らぎ。
実際、3度目は落ち方も軽いので、「ああ景色が見えた。これで終わりだ」という安心感とともに落ちていきます。
いや~楽しかった~~ KKが大笑いして拍手すると、エレベーター内に拍手が満ちて、後ろの誰かが「いいね、このグルーブ感」。
のちにKKはこの時のことを、「にーちゃんがみんなの心を一つにしたんだ」とUに向かって自慢してました
さあ次はいよいよラストアトラク・インディです

DSC_1070[1]_convert_20170731175937

アメリカからポートディスカバリー経由で向かっていると、途中のニモではSB30。
時刻は21時半とっくに過ぎてますが、人がまだ次々並んでいて、列を締め切っていない様子。
「帰りがけに並んでみようか」
と言いながら、ロストリバーへ急ぎます。
「そんなに急がなくても大丈夫だよ」
とKKは言いますが、時刻は21時45分。もし間に合わなかったら、Uの希望「最後はみんなで」が叶わなくなっちゃう
そうよね、せっかく年に1度の家族旅行だもん、最後はやっぱりみんな一緒に楽しんで終わりたいわよね
心はすっかり小田和正の明治安田生命CMになって、急ぎロストリバーへ向かうと、KKの言う通り、余裕の22時前でインディ到着&パパUとも無事再会。
「よかったね!最後にみんなでインディ乗れるね♪」とママが満面の笑みをUに向けると、パパ&Uいわく
「ママとにーちゃんが来なかったら、2人でインディ連続乗りしよう♪」と楽しみにしてたんだそうです はい感動CM撤収~~

DSC_1074[1]_convert_20170812223555

(最後にみんなで)インディを堪能して出てくると、22時。
「そういえば、来るときニモ入れそうだったんだよ」
と、ポートディスカバリーの方へ行ってみようとすると、そっちにはキャストさんがばっちり立っていて、笑顔で
「さすが、ちゃんと封鎖してるんだ~」
と感心して、ミステリアスアイランド方面から帰ります。
同じ写真を毎晩撮ってる気がしますが最後の夜も
なんてキレイなんでしょ、ねえネモ船長

DSC_1316[1]_convert_20170802204358

去年、KK&Uが「モビリス!」とやってるのが楽しそうだったので、今回はママも、2万マイル前で手を振ってるキャストさんに元気よく「モビリス!」。
通りすがりのおばちゃんに突如怒鳴られたキャストさんは、一瞬うろたえた様子でしたが、すぐに「おおっ」と顔を輝かせ、あわてて「モビリ!」と返した後、「おお~~!!」ともろ手を挙げて感激してくれました。もうちょっと近くにいたらハイタッチでも交わす勢い
昔のシーのガイドブックなんかだと、「モビリスと声をかけてみよう」とか必死に宣伝してたような記憶があるんですが、今はやる人もあんまりいないんでしょうかね~
(シーの方でも「あの頃はまだ肩に力入ってて、恥ずかしい設定考えちゃった」って黒歴史扱いだったりして)
声をかけると、「こんな辺境の廃れた風習やる客が、まだいたんだ!」と喜んでくれるかもしれないので是非言ってみてください♪左手を右肩につけてね

DSC_1317[1]_convert_20170802204424

アクアスフィアプラザ・ナイトが流れてます
あ~切ない。けどこれからまだランドへ行くので、切なさが若干誤魔化されます。ランドと言っても駐車場ですけど
楽しかったね~。久しぶりにモンインとプーさん乗れたし、シーも乗りたい物は全部乗ったし、最後にみんなでインディも乗れたし(←
「U、最後にタワテラも乗りたかったな」「次はやっぱりシー最初の方がいいかも。今回シー全然乗れなかったもん」あんなに乗ったのに?
等々、早くも思い出になってしまった今回のあれこれと、更には次回のことまで喋りながら、リゾートライナーでランドへ。

DSC_1321[1]_convert_20170802204611

ランドの駐車場もガラガラで、さびしいくらい。
みんなもう帰ったのね。
さて、我が家も帰りますか。
でも、また来るよ~


帰ってからふと気づいたこと。
USJ土産・ゴジラキティちゃんをぶらさげたままTDR歩いてた~~~

DSC_1330[1]_convert_20170828171648

おあとがよろしいようでチャンチャン

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

地球の中心へラストジャーニー

20時ごろ、シー再入園。
したら早速、パパU、ママKKチームに分かれて行動開始です
パパUはアラビア&マーメイド方面へ。
ママKKはセンターお無事アース、って何このスリルゼロな変換センターオブジアースへ。
パパU分のFPを使って、あわよくば連続乗りをもくろみ急ぎます
通りかかったハーバーでは、今ちょうどファンタズミックが始まったところ!
(しかし相変わらずひどい写真

DSC_1302[1]_convert_20170802203825

「もしかして、火山から飛び出す瞬間に花火という奇跡!?ヤバイ
とか盛り上がりながら、ごぅーんと重低音が響いてる洞窟入り口へ。
テラベーターに乗ると、…カンカンカンカンカンカンカン…と一気に踏切を通り過ぎるような音と、独特の金属臭で、「ああセンターだ~」と更にワクワクです。
地底乗り場に着いて「2名です」と告げると、「2番へどうぞ~」。
「やっぱり4人で来ないとなかなか先頭にはなれないね」「確率2/3が1/3になっちゃうからね
4人だと、1・2列目、2・3列目、そして3・1列目になりそうな時は「次のご案内になりま~す」で1・2列目、の3パターンなので、先頭になる確率が高いんですよね。 パパUの存在の偉大さを再確認するひととき(こんな時だけ

最初はの~んびり、ぽにょんぽにょん跳ねる地底生物とか、かわいいと言えなくもない異世界を見て回っていると。
やがてビービー「火山活動発生!」
途端にあたりは暗く不穏な気配になり、しかし車はまだのんびり走ってます。
「何が起こるんだろう?」と若干ドキドキしてると、向こうの広場に稲妻ぴかっ
「あっこの絵、並んでるところに飾ってあった」と思った途端、ばりーーーん!!!とものすごい落雷の音
うおっと思わず体が縮まったところに、モンスターの影。と思ったら左側に火の手があっつっ!!この炎マジで熱いです!ランドのキャッスルショーで上がるフレームキャノンみたい!
つまりこの炎はさっきのモンスター(の影)が吹いた火で、なんて思う間もなく右側にモンスターいたー!ぎゃおーーんと雄たけびあげて上体をそらせてる!あっこれはクルーーーーー!と思った瞬間こっちもキターーーーーーーー
一気にフルスロットル!全開速度!!気が狂ったように走り出す車体!!!ヒュイーーーーンと高まっていくエンジン音がワクワクします!!!うわあ登ってく登ってくどこまでも一気に駆け上がってキターーーーファンタズミーーーック!!!でも青一色のプリンセスパートだざんねーーーん!!!
どががががっと駆けおりて、ミステリアスの緑の夜景も駆け抜けて、ああ~~~センター、やっぱり最高だわ~

2回目は時間的に無理そうなので、そのまま外へ出ると。

DSC_1305[1]_convert_20170802203928

写真が相変わらずひどいですが、ちょうどファンタズミックのクライマックスでした。
おおミッキーだ↑と眺めていたら、やがてミッキー大爆発↓

DSC_1306[1]_convert_20170802203959

ミッキー終了(←してません)とともにファンタズミックも終了。
そこからいよいよママKKのラストアトラク・タワテラへ向かうと、SBは相変わらず60分。
しまった、ショーが終わって人がこっちへ流れてきちゃったかな
未だ中に入れないほどの行列につき、初めてタワテラの外に並びます。

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

ランド最後は雨の星空

18時半過ぎ、仮眠終了。
再入園すべく車を出ると、外は初日に戻ったようなすごい雨
そしてすっかり夜になっていました。
出口に向かう人も多い中、我が家はカッパを着込んで、今年最後のランドへいざ

DSC_1294[1]_convert_20170802203543

この後は若干タイトなスケジュールなので、余裕を持ってトゥモローランドに到着しておきます。
19時20分、FP時間ぴったりに入ったのはこちら

DSC_1295[1]_convert_20170802203610

このアトラクの中で、あちこちに表示されているコカ・コーラのロゴを見ると、なぜかとっても「80年代ニッポン」って気がしてくる、スペースマウンテンです
このアトラクは、30年たっても色あせないカッコよさとともに、どこか昭和的な郷愁を感じさせるのが独特の味
Qラインの、妙に古臭い図解(もちろんコカ・コーラのロゴ入り)とか、降り場と乗り場が分かれてなくて、双方あわてて乗り降りしなきゃいけないとことか、宇宙空間にあるまじき昭和の遊園地ぽさ
動き出すと、個人的に偏愛するシマシマライトとか、キーンひゅおーんという金属ぽい音とかが、またとっても「昭和に夢見た未来世紀」って感じで、ワクワクします
そのまま宇宙空間に放り込まれると、初めて乗った時と変わらない感動で「うわあ~~~
目の前に一面の星!! 最近目が悪くなったので全体的にボヤけて、ますますキレイ!!

最初のうちは、「なんだ全然大したことないじゃん」とナメてしまうくらいゆっくり移動しているので、その間、心ゆくまで星空散歩です。
「綺麗ね~」とうっとりすることしばし、大きく曲がったあたりからいよいよスペースマウンテンが覚醒!ここからはノンストップです!ガンガン行きます!早い、そして長い!
そしてこの時こそ、意地でも星空を眺める車酔い体質ママ
「綺麗~~~」という方向に意識を集中することで、必死に酔いを誤魔化します
それに、「星空を眺める」んじゃなく、「星空に包まれる」のは、ここでしか体験できないですからね~。これを見ないのはもったいない!
実際、「真っ暗な空間に無数の星」っていうのは、視点移動が少ないので、比較的酔わないと思います。「酔わないコツは遠くを見ること」って、昔よく遠足で先生とかに言われた法則で。
逆にスターツアーズとかは、景色が目の前で盛大に動くので、テキメンに酔っちゃうんですよね 酔う人が苦手な「動く車窓の景色」そのものなので。

更に、ハイスピードでグイグイ曲がるので一見激しく感じますが、実は曲がるのはほぼ右側ばかり。
なので、右側に座ると比較的遠心力を感じにくいという、酔いやすい人にはありがたい対処法もあります。
そして、スピード感はすごいけど、落ちる箇所が意外と少ないのも、ママ的には乗りやすいアトラク。
落ちるのは2~3回あるかないかですが、フワッと来て「うっ気持ち悪くなりそう」って時に落ちる先を覗き込むと、足元のはるか下まで凝縮された星がどばーっと広がっていて、「なななんて素敵な」と、思わず酔いを忘れる眺め
(しかし覗き込み過ぎて投影機とか見えちゃったら、ガッカリして酔っちゃうかもなので、手前で止める
星空の中、急スピードでガンガン走り回ってるスペースマウンテンが、やがて大きく左に曲がると、「ああもうすぐ終わりだなあ」という安心感と残念感。
と間もなく、色とりどりのフラッシュがバチバチと強力に瞬いて、ああ終わりだ~。
いや~やっぱりスペースマウンテン最高だわ~
浮遊感は苦手だけどスピード狂な人、スターツアーズは酔うけどワープシーンだけは大好きな人、等々には絶対オススメアトラクです ってすごいニッチなとこにオススメしてますけど

DSC_1298[1]_convert_20170802203645

さて乗り終ったら、時刻は19時40分くらい。
手元にあるセンターFPは19:45~。
これにてランドとはオサラバだ
と急いでシーへ向かいます
リゾートライナーからは、おそらく浦安の花火がちらりと。
そうそう今日は浦安に隅田川と、近隣でけっこう大きめの花火大会があるので、土曜でも空くだろうと思ってたのよね~

DSC_1301[1]_convert_20170802203714

リゾートライナーの中では、おや気づけばUが死んだ魚のような顔に
なんでも、昼間の○ん○まショックがトラウマになって、センターに乗りたくないんだそうです。あらまそこまで怖かったとは
みんなで口々に「大丈夫だって」「乗ろうよ」と気持ちを引き立てますが、U蘇生せず
Uとしては、「みんな一緒に同じものに乗りたい」「でも怖いから乗りたくない」という気持ちで揺れていたようです。
でもまあ、楽しむために来たんだから、楽しくないものに無理して乗るこたないでしょう
という訳で、ママKKがFPでセンター乗ってる間、パパUは適当に乗りまくって、その後みんなでタワテラSB→インディFPでラスト、とすることに。

ところがここでもまずいことが。
スマホでタワテラの待ち時間を見てみると、どうも6~70分から下がる気配なし。
タワテラSBしていると、インディFPに間に合わなくなりそうです。
う~む、タワテラは夜になれば30分待ちだと思ったんだがなあ。
(KKいわく「タワテラはトイマニや出口に近いから、今日みたいに混んでる日は空かないよ。インディの方が奥にあって空くから、SBインディにしてタワテラのFPを取っておくべきだったんだよ」はい、ごもっとも
ママ「FPは22時00分まで入れるから、間に合うんじゃない?」
パパ「最悪、タワテラ55分並んで、途中抜け出すとかになりかねないぞ」
KK「一度並んだらやっぱり乗りたいな。インディは時間があったらでいいんじゃない?」
U「そんなの嫌だ~! みんなで最後にインディ乗って終わりたい!.」
なかなか紛糾しましたが結局、シーに入ったら、センター~タワテラ組のママKKと、好きなの~インディ組のパパUで別行動ということになり、Uが非常に残念がっていました
しかし、ちょっと前までは、乗りたいアトラクが多かったKK&乗れないアトラクが多かったUのために、普通に別行動してたのに、「みんなで乗りたい」になるとはね~、うれしいものだねえ

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

ランドに移動して

14時ごろ、ランド入園してまず思ったことは
「わ~空いてる~~

DSC_1288[1]_convert_20170802201516

写真ではそんなに空いてる感じではありませんが、シーから来た眼には「スカスカ」に見えました。
今年は絶対的にシーの方が混んでましたね。
体感では、去年の15周年の時より混んでいたとすら思います。

スペースマウンテンのFPも、時間を見る限り、15時ごろまで余裕で残ってそうで一安心。
空いた時間は、(やっぱり)(またもや)スターツアーズへ

DSC_1290[1]_convert_20170802201548

↑いかにも昔のSFアニメっぽいこのシマシマライトが、好きでねえ
主に男衆の大好きアトラクですが、ママも「スターツアーズ」というアトラク自体は、決して嫌いではありません
ただママの場合、画面が動いている時(ということはほぼすべての画面)は酔わないようしっかり目を閉じ、重力を感じる場面では「落ちてないただ椅子が動いているだけ」と、アトラクの魅力を全力で封印しながら乗ってるので、何も語れないだけで
ちなみにデススターを待ち望む男衆ですが、今回も来なかったようです。レアなんでしょうかね?

DSC_1291[1]_convert_20170802201612

15時になったのでスペマンFPゲット。
19時20分~か。シーのセンターが19時45分~。なんかまた綱渡りっぽくなってきたぞ

DSC_1292[1]_convert_20170802201639

時刻はそろそろホテルに戻りたくなる頃ですが、今日は最終日、チェックアウト済。
みんなちょっと疲れてきたので、軽めのアトラク1個乗ったら、車で休むことにします。
と言っても、軽くて空いてて楽しいアトラクというと…おおあったあった、久しぶりのあのアトラクが

DSC_1293[1]_convert_20170802201730

いったい何を撮りたかったのかっていうフィルハーマジックです
これは主にパパママお気に入り
特にパパは、基本ディズニー映画とかキャラとかそんなに好きじゃないタイプなのですが、これは積極的に見たいと言います

フィルハーを出たら大雨
これはやっぱり休憩しかない
と、通りすがりのトゥモローランドテラスでハンバーガーをテイクアウトして、駐車場へ。
パパKKは仮眠、Uはカリブの歌を練習し(←?)と、思い思いに休憩して、最後の夜に備えます。
ふと気づくと、さっきまで「キナペラベジェドギバフー♪」とかノリノリだったのが、今はなぜか一人切ない顔をしてるU
「ママとカリブでも乗りに行く?」と聞いてみても
「みんなで乗りたいからいい
なんでもこの時U、ホテルじゃなくて車で休憩しているとシチュエーションに、ふと「帰る日なんだ」という実感が湧いてきて、急激に切なくなっちゃったんだそうです

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行